胃腸の健康のためにできること

最近、胃腸の調子が悪くなることが増えてきました。元からそれほど胃腸が強い方ではなかったかもしれませんが、30歳が近づくあたりから身体の衰えが顕著です。寝る前にお菓子を食べるとか、夜中にカップラーメンを食べるとか、若い頃は当たり前のようにやっていましたが、今では考えられません。

では胃腸を少しでも強くするためには何ができるのか?当然ですが、まずは食生活を見直すことが挙げられます。世の中には、3食のうち夕食を一番よく食べるという人が多いのではないでしょうか。私も以前はそうでした。しかしどうやら、これはあまりいいことではないようです。身体の健康のためには、むしろ昼食を多く取り、夕食は軽く済ませるのが一番いいとされます。もちろん朝食も食べます。ゆっくりとよく噛んで食べることも重要です。私はついせっかちになってしまうので、自分の咀嚼をチェックする「食べる瞑想」を食事と組み合わせています。

また運動も大切です。運動をすることで胃腸の働きを活性化させられるからです。といっても激しい運動は逆効果になりかねないため、1日15分、少し汗ばむぐらいの運動をするのがベスト。ウォーキングなどの有酸素運動をするのがいいでしょう。また筋力では腹筋が重要です。筋トレするなら軽い腹筋をするといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です